不妊症の定義

不妊というものは厳密に定義されているものなのか気になりませんか?

このページでは、妊娠を望んでからどのくらいの期間妊娠しなかったら不妊症と考えられるのか、ということを説明いたします。

不妊症とは?

『不妊症』とは、自然に妊娠する可能性が低く、なんらかの治療が必要な状態であることを指します。

妊娠する可能性が低い状態とは、妊娠を望んでいる状態で、一定期間、本来であれば妊娠に至る可能性の高い期間が過ぎても妊娠に至らない、という状態を指しています。

健康な男女が妊娠を希望し、避妊をせず夫婦生活(セックス)を営むと一定期間内に大多数の方が妊娠します。

どのくらいの期間妊娠しなかったら不妊症というのか

日本産科婦人科学会では、

その期間については1年から3年までの諸説あり、2年というのが一般的でしたが、1年に短縮

とされました。

一方、世界保健機構(WHO)では2009年から不妊症を

1年間の不妊期間を持つもの

と定義しています。

米国の生殖医学会でも2013年に

不妊症と定義できるのは1年間の不妊期間を持つものである

と発表しています。

このように各所から不妊の定義について述べられています。

池袋レディースはりきゅうの考え

米国生殖医学会の発表には続きがあります。

女性の年齢が35歳以上の場合には6ヶ月の不妊期間が経過したあとは検査を開始することは認められる

このように、年齢によっては1年ではなく半年、授からない状態が続けば、不妊の検査を受けることが認められるというということが記載されています。

事実、『妊娠』には年齢的な要素、加齢というものがとても深く関係してきます。

30代・40代で妊娠を望む場合

本来、人間の持つ妊娠の可能性が高まる時期のピークは10代後半〜20代頃とされています。

ですが、晩婚化、女性が社会に出て働く傾向にある日本においては、子供を望んだ時点で、既に妊娠の可能性が高まる時期を超えている場合も少なくありません。

そのため、妊娠を望みながら、年齢的に妊娠出産に対して不安がある方は、不妊症の定義にとらわれすぎず、早め早めの不妊治療の検討、対策を取ることが重要です。

  • 病院では異常がなかったが体力の衰えを感じる
  • 妊娠にあたっての不安がある

そのような方は、普段から食事や運動など、自らの身体を健康に保つことで、妊娠できる、また赤ちゃんを育てていける環境を整えることが大切です。

私たちが提供している不妊整体、不妊鍼灸では、不妊の定義や現在の状況に関わらず、少しでも妊娠しやすい身体を目指し、施術はもちろん、日常生活指導や食事指導も行なっています。

年齢よりも大切なもの

また、患者様によくお伝えしているのが、「年齢的に妊娠しにくい、と言われることがありますが、「年齢以上に、身体を元気な状態に保っているかどうかの方が重要です」ということです。

病院で不妊症と言われた方でも、年齢的に厳しいかも、とお考えの方でも、妊娠に至るパターンも多くあります。

ひとりで悩まずに、ご相談ください。


あなたが少しでも早くママになれるよう全力でサポートいたします

タップして直近の空き状況を確認

祝・土は10:00~18:00の営業時間です
8/17(金)新規ご予約枠は埋まっております
8/18(土)新規ご予約枠は埋まっております
8/19(日)定休日です
8/20(月)新規ご予約枠は埋まっております
8/21(火)新規ご予約枠は埋まっております
8/22(水)新規ご予約枠は埋まっております
8/23(木)新規ご予約枠は埋まっております
8/24(金)新規ご予約枠は埋まっております
8/25(土)新規ご予約枠は埋まっております
8/26(日)定休日です
8/27(月)新規ご予約枠は埋まっております
8/28(火)新規ご予約枠は埋まっております
8/29(水)新規ご予約枠は埋まっております
8/30(木)新規ご予約枠がございます
8/31(金)新規ご予約枠がございます
9/1(土)新規ご予約枠がございます
9/2(日)定休日です
9/3(月)新規ご予約枠は埋まっております

メールでもご予約・ご相談を受付中

※入れ違いでご予約枠が埋まってしまうこともございますので候補日を数日分ご検討ください

※空き時間の詳細はお問い合わせください

ご予約確定から初回ご来院日までも精一杯サポートいたします 

ひとりで悩まず、まずはご相談ください 03-6914-3320

営業時間
※土曜日・祝日の最終受付は17:00です。(定休日:日曜日)
※定休日や時間外もメール・LINE@での受付ができます

メールでもご予約・ご相談を受付中